2010年01月23日

トリノ・エジプト展

福岡市美術館に
トリノ・エジプト展を
見に行ってきましたわーい(嬉しい顔)
ロンドンの大英博物館や
パリのルーヴル美術館に比肩する
世界屈指のエジプト・コレクションという
うたい文句に誘われてるんるん
その言葉どおり、なかなか充実した
展示内容で、
大型彫像やミイラ、彩色木管、
パピルス文書、ステラなど、
当時のエジプトの生活や宗教観などが
わかりやすく解説されていて、
私は絵画展覧会のときは
気に入ったものを特に重点的に観るように
しているのですが、
今日は勉強になるので、
一個一個丁寧にみていきましたぴかぴか(新しい)
トリノという街にも興味が湧いたし、
イタリアという国の底力をみたきがしました。
福岡市博物館でのエジプト展は
考古学的な視点が強いけれど、
この展覧会は彩色されたものや
彫像も多くて、
美術的にも満足させられる内容でしたexclamation×2
イタリアに行っても
トリノまではなかなか足を伸ばせないので、
福岡に来ているこの機会に
もう一回ぐらいみにいっても
いいかなとおもいました黒ハート

「トリノ・エジプト展」
福岡市美術館
2010年1月5日(火)−3月7日(日)
休館日 月曜日
posted by ルソー at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。