2010年02月02日

妙心寺

九州国立博物館の
妙心寺展をみに行ってきました。
目玉の「龍虎図屏風」は
2月9日(火)からの展示で
なかったのですが、
それ以外にも
貴重な京都妙心寺の明宝と
九州琉球の妙心寺派の寺ゆかりの物が
一同に会して、
臨済宗のお寺の歴史の勉強にもなるし、
美術的にも興味深いものが
ありましたわーい(嬉しい顔)
私が一番好きだったのは、
熊本八代市の玉泉寺の
「百衣観音菩薩像」で、
優美な線と穏やかな顔だちが
とても魅力的でした。
いつもは込み合う九国ですが、
今回は導線もよく工夫してあり、
いろんな面から楽しめましたexclamation
posted by ルソー at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。